COLUMN

ありとあらゆる情報が濁流のように押し寄せる社会をぼくたちは生きています。仕事をして、ニュースを見て、新しい情報を取り入れて。そんな時代の中で、情報に溺れてしまってる人も多いのではないでしょうか。

ぼく自身も、もともと好きだ ...